スポンサーリンク

GSX-R1100のベアリングの抜き方【スイングアーム編】

ベアリングプーラーメンテナンス

以前ステムベアリングの点検をした時に、ベアリングには問題がありませんでしたが、
グリスが切れていました。グリスアップだけでも良かったのですが、交換しておきました。

走行距離6,000キロと低走行ですが、やはり30年前のバイクです。

同じ理由で愛車を信頼する為にも、GSX-R1100のスイングアームのベアリング交換を行いました。

Red
Red

この記事はベアリングの点検方法と

ベアリングの抜き方をまとめています。

スポンサーリンク

スペーサー・ベアリングの点検

スペーサーとベアリングの点検についてですが、スイングアームを外す必要があります。

GSX-R 1100 スイングアームの取り外し方
走行距離6,000キロのGSX-R。ステムベアリング交換時に確認したのですが、 ベアリングには全く問題がありませんでしたが、グリスは切れてカッラカラでした。 この程度なら、グリスアップでも良いのかも知れませんが、30年もの前のバイクです...

↑スイングアームの外し方をまとめています。

ここまでの作業をするなら、思い切って全て新しく交換しておきたいですよね。

スペーサーの点検

スペーサーベアリングの状態スペーサーベアリング・スペーサーレバ―共ベアリングの筋がクッキリ入っていました。

Red
Red

こんな状態なら、交換しておく方がいいですね。

ベアリングの点検

ベアリングの状態

外したベアリングの状態がこちらです。
グリスはかろうじて残っていましたが、オイルシールが入ったベアリングです。

30年前のゴム関係になりますので、やはり交換しておくことにしました。

  • ベアリングの幅公式では23.5と特殊なベアリングになります。
  • ベアリングにはオイルシールが入っております。
Red
Red

ノギスが悪いw

いつもなら代替品を探すのですが、今回は指定された純正ベアリングを選択します。
*1)23.5という特殊なサイズ・片側オイルシールのベアリングしか見つけられなかった。
*2)ベアリングの品番は後に記載したいと思います。

GSX-R1100に必要なベアリング・スペーサー

GSX-R1100のベアリング

必要なベアリング数9つ

スイングアームピボット部:2つ

スイングアームリンク部:2つ
リンク部:4つ

リンクリアサス部:1つ

必要なスペーサー数

スイングアームスペーサー:2つ

スイングアームスペーサーレバー:1つ

リンク部スペーサーフロント:1つ

リンク部スペーサーレッド:1つ

リンク部スペーサーリア:1つ

ベアリングの抜き方

数回しか使えないという耐久性に不安があるレビューが多かったので、
信頼できるデイトナにしました。圧入された硬いベアリングも簡単に抜けました。

ベアリングプーラーの使い方動画をご覧ください。

Red
Red

ベアリングの取り外しにはデイトナ

パイロットベアリングプーラーを使用しました。

ホイールベアリングにも使えるしね。

この記事のまとめ

ベアリングは不具合が出ていても分かり難い部品です。
またベアリングは全て圧入されているので、抜く時も大変ですし、
入れる時も圧入しなければいけません。

この事から、中々手が付けにくいメンテナンスの部類に入ると思います。
ベアリングの交換を行う時は、SSTの使用をお勧めします。圧倒的に作業が楽になりますよ。

ずん切り・座金・ボルトで行う正しいベアリング圧入の仕方
今更ではありますが、ベアリング圧入を初めて正しい方法で行いました。 ややこしい言い方ですが、今まではベアリング圧入時には、ベアリングを叩き込んでいました。 Red ベアリングというよりベアリングレースですが、 ...

↑ベアリング圧入の方法の記事はこちら。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンテナンス
スポンサーリンク
Redをフォローする
SACS PANDEMIC

コメント

タイトルとURLをコピーしました