スポンサーリンク

GSX-R 1100 スイングアームの取り外し方

サイズ間違いの使えないSSTメンテナンス

走行距離6,000キロのGSX-R。ステムベアリング交換時に確認したのですが、
アリングには全く問題がありませんでしたが、グリスは切れてカッラカラでした。
この程度なら、グリスアップでも良いのかも知れませんが、30年もの前のバイクです。

Red
Red

不具合があっても気づきにくいベアリング。

30年前から交換されていない筈なので、

全部新品にした方が安心だよね。

という事でモノサスのスイングアームの取り外しは、相当めんどくさい作業だろうな・・・
と思いつつ、ベアリングの交換にチャレンジしてみました。

ベアリングの交換方法などの記事を一緒にすると、長くなりすぎるので、
今回はスイングアームの取り外し方だけまとめてみました。

画像がかなり多い記事になってしまいました。
少し見難い部分はあると思いますが、ご勘弁を。

スポンサーリンク

スイングアームの取り外し手順

スイングアームを取り外す手順を残しておきます。

Red
Red

とはいえ、サービスマニュアルを持っていませんので

参考程度にご覧頂けたらと思います。

1.インナーリアフェンダーの取り外し

フェンダーのビスの位置

車体から取り外した後ですが、プラスドライバーで4か所ビスを外すだけです。

2.リアブレーキキャリパーの取り外し

  1. キャリパーを外す前に、トルクリンク・ブレーキホースを外しておきます。
  2. トルクリンク・ホースを外したら、キャリパーを車体から取り外します。
  3. ブレーキホースをホースクランプから外します。

ブレーキキャリパー

Red
Red

私は、2→1の順でキャリパーを外しました。

車体に固定されている状態で、ホース・トルクリンクを

外すべきでした。外し難いのなんのって(笑)

3.リアホイールの取り外し

  1. リアアクスルナットを外します。
  2. リアアクスルシャフトを引き抜きます。
  3. リアスプロケットからチェーンを外します。
  4. リアホイールを外します。
Red
Red

難しい事は無いですね。

特に注意点はありません。

4.リンク(ナットを緩める→シャフトを抜く)

  1. リンク部のナットを3か所緩めておきます。
  2. リンク部のモノサスとリンクプレートのシャフトを抜きます。
  3. ピボットシャフトのナットを取り外します。
  4. ピボットシャフトを引き抜きます。
  5. スイングアームを締め付けているナットを緩めます。
  6. スイングアームを取り外します。

1.リンク部のナットを緩める 2.モノサスとリンクプレートのシャフトを抜く

リンク部のボルト

Red
Red

1.2.3.のナットを緩めたら、1.2.のシャフトを抜きます。

3.のナットを緩めるには隙間が狭いので、19の眼鏡レンチが必要です。

3.のボルトを緩めるポイント1

45度眼鏡レンチ

Red
Red

3.のボルトを緩める時、2.のボルトに干渉するので、

眼鏡レンチは右のように角度がある物が良いでしょう。

3.のボルトを緩める時のポイント2

リンクの外し方

Red
Red

ストレートの眼鏡レンチしかない場合、

1.2.のシャフトを抜いてから3.のボルトを緩めれば

2.のボルトに干渉はしなくなります。

でも最初から緩めておいた方がいいかもね。

ピボットシャフトを抜く

ピボットシャフトのボルト

Red
Red

見難くてスマン。

車体右のピボットナット

  1. 車体左側の1.ピボットナットを外します。(SST必要)
  2. 車体右側の4.のナットを外します。
  3. 2.のシャフトを車体左に引き抜く
  4. 車体左側の3.のピボットボルトを緩める(SST必要)

 

ピボットナットの外し方

特殊工具が高いので、私はタガネで叩いて外しました。
もし、ピボットナットが傷んでも1,200円位の物なので交換したら良いか。
という安易な考えです。(笑)

Red
Red

しかし、絞める時のトルクどーすんだよ。(笑)

やはり、SSTは有った方がいいですね。

とはいえ、純正工具は一つ1万円程度します。バリ高です。
近い工具を探したところ、やっと見つけたのが上の工具です。
海外発送なので、届くまでに時間が掛かります。

ピボットボルトを外せるSST

実は、40mmサイズと30mmサイズを購入しました。
上の写真はピボットボルトに使えると購入したのですが、流石中華製
サイズがアバウト過ぎてピボットナットにピッタリでした。

Red
Red

つまり、ピボットボルトはまだ絞めれませんw

左のSSTが1.のピボットナット

右のSSTが3.は現在注文中です。

サイズがハッキリしませんので、人柱になります。

商品が届き次第、更新したいと思います。

この記事のまとめ

GSX-R1100のスイングアームの取り外し方は以上です。

Red
Red

取り付けは逆の手順で行えばOK!

一般的にスイングアームの取り外しを行う事は無いと思います。
しかし、ベアリングの点検・注油・交換を行うには避けては通れない作業です。

Red
Red

面倒な作業である事は否めませんが・・・

バイクを弄る事は楽しいですし、自分の愛車の状態を理解する事が出来る。
自分の愛車を信頼出来る。愛車が相棒になった気がする。ツーリングが益々楽しくなる。
等の効果があります。是非チャレンジしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
メンテナンス
スポンサーリンク
Redをフォローする
SACS PANDEMIC

コメント

タイトルとURLをコピーしました