スポンサーリンク

価値は下がるけど INAZUMA 400 の塗装を行いました。

イナズマのカラーリング変更カスタマイズ

バイクの色(純正色ではなくなる)を変更するということは、
自分自身の満足感を満たす為だけのもので、バイクの価値が上がる事もありません。

Red
Red

逆にバイクとしての価値は下がるよね。

これから先、プレミア価格が付く(かもしれない)イナズマを塗装する事に決めたのは、
昔からバイクは一目見て、自分の愛車だと分かるカラーリングで乗っていたからという事。

価値 < 満足感

価値より満足感の方が、私にとって重要であるからして、、、、

そもそも、価値って人が決めるもんじゃないでしょ!

Red
Red

断じて!断じて!下取り価格○万円だから

塗装を決めた訳じゃないからね!

スポンサーリンク

缶スプレーでの塗装

バイク塗装を行うにあたって、普通の人はコンプレッサー等の機材は持っていないと思います。
当然私も、塗装の機材など持っておりません。(超欲しいけど)

Red
Red

当然、缶スプレーを使って塗装するしかありません。

缶スプレーでの塗装って難しいと感じている人は多い筈。

缶スプレーでの塗装を一度でも経験済みの方は、塗料が垂れてくる・ムラができる・仕上がりが汚い・塗装が剥げてくるなどの印象をお持ちだと思います。

その全てを解消したスプレー缶があります。

ウレタン2液のスプレー缶、イサムエアーウレタン

通常の缶スプレーは、塗装を失敗するための缶スプレー
イサムエアーウレタンは、塗装を成功させるための缶スプレーです。

Red
Red

デザインは好みの問題があると思いますが、

めちゃくちゃ綺麗に塗装できました。

  • スプレー缶で、見たことも無い粒子の細かさである。
  • 粒子が細かいので、塗装が垂れにくい。
  • 当然ムラもできにくい。
  • 仕上がりがメチャクチャ綺麗
  • ウレタン2液なので、塗装が強い。ガソリンにも溶けません。

塗装のコツ

缶スプレーでの塗装は、ムラになったりするとついつい本数を使いがちです。
イサムエアーウレタンは粒子が非常に細かいので、ムラになりにくく、本数もさほど使いません。

カラ―は缶スプレー1本で全体を塗れるよう薄塗り
クリアーは3本使って垂れる寸前まで厚塗りを繰り返しました。

Red
Red

ヌルテカでございます。

この記事のまとめ

自分だけの一台にするオリジナルカラ―は綺麗にできたら感動ものです。
オリジナルカラ―は、自分にしか分からない価値・満足感・所有感を感じることができますよ。
イナズマもオリジナルカラ―が増えると嬉しいですね。

Red
Red

ヤフオクで外装揃えて、塗装するといいかもね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カスタマイズ
スポンサーリンク
Redをフォローする
SACS PANDEMIC

コメント

タイトルとURLをコピーしました